車を所有しているあなたであれば分かっていると思いますが自動車税というものが徴収されます。そしてこれは、車の買い取りの際に普通に戻ってくる税金なのです。現実にやると覚えられますがでは一から順番に紹介していきます。一応補足すれば、国産の車のみが対象ではなく外車も自動車税が還付されることになっています。当然愛車などもそうです。自動車税という税金はクルマの所有者が支払わなければならない税なのですがクルマの排気量の大きさにより規定されています。1リッターより小さいのであれば29500円で1リッターから1.5リッターの場合34500円。これ以降は500ccずつ5000円ずつ増加します。そしてこの税金は4月1日時点で車を所有している人が、来年3月までの税金を納付することになります。つまりは事前納付ということなので勿論ですがクルマを手放して所有権を失った場合は先に払った分の金額は還付されるんです。この税の場合は事前納付で年度内の自動車税を支払うから、その年度内に車を買い取ってもらった場合は、新たな保有者が自動車税を負担するのです。買取先が買取専門店でしたら、売却した際に自分が先払いしている分のお金を返金してもらえます。まとめると、所有権が移った際からの税は、入れ替わった保有者が納税義務を負います。例えば自分が10月中にクルマを手放した場合は、11月から翌年3月までの自動車税は還付されます。というのも前も述べた通り自動車税の場合は一年分を先に支払っているという決まりによるものです。つまり、前オーナーは売却先に税金を返金してもらうということなのです。業者を介さずに車を手放す際に結構このようなことに気づかない人がよくいるためぜひ確かめるようにしなければなりません。自動車税という税金は自動車の売却で返金されることを意外と知っている人が少ないからと言って、そのことを説明しない業者もあるのです。こちら側から返金についての話題を出さなければ全然自動車税のことについて触れないという場合も頻繁に聞かれます。そのため車の売却をする時には払いすぎた税金が返還されるかどうかを確認することを忘れないようにする必要があります。